face-epi

顔脱毛するならハイパースキン脱毛がおすすめの理由

“脱毛”と一口に聞くと、どうしても露出の多い脇や腕、脚を想像してしまいますよね。

オシャレの幅も広がりますし、なにより処理の手間が省けるので働き盛りの女性や、育児に追われている主婦の方など、忙しい女性にとって脱毛は必須と言ってもいいかもしれません。

ですが、最近では顔脱毛を希望される方も増えてきました。

顔脱毛と聞くと男性の髭脱毛のイメージがあるかもしれませんが、女性の顔脱毛で重視されるのはうぶ毛。

「うぶ毛なんてあまり見えないし、脱毛までする必要ある?」と思われる方もいるとは思いますが、このうぶ毛って実は結構厄介なんです。

顔の産毛で損をしていませんか?

まずは化粧ノリが悪くなること。

女性にとって大事なお化粧ですが、うぶ毛をきちんと処理していないとファンデーションがうまく肌に乗ってくれません。ファンデーションは毛穴をカバーしたり、くすんでしまったお肌を綺麗に見せてくれる大切なベースです。

うぶ毛のせいでうまくお化粧ができないなんて、女性にとっては死活問題です。

また、顔という非常に繊細で敏感なところを処理しなければならないので、肌が傷ついて赤くなったり、一歩間違えば傷や跡が残ったりする可能性があります。それこそ女性にとっては大問題です。

あとは、うっかりうぶ毛の処理を忘れてしまったがために、異性からそのことを指摘されて恥ずかしい思いをしたりすることも…。

どれにしても、女性にとってうぶ毛というのは非常に厄介なものです。

ですが、従来の光脱毛で顔脱毛をするのは極めて難しいです。

というのも、一般的な脱毛サロンの脱毛方法は黒いもの(毛)に反応し、それに高熱の光を当てて毛根を破壊する方法だからです。つまり、うぶ毛のように色素の薄い毛には反応しにくく、顔脱毛には向きません。

また、メラニン色素が固まっているホクロやニキビ跡がある場合、火傷する可能性があるので「当店では施術不可です」なんて断られてしまう場合も…。

しかし、ハイパースキン脱毛ならホクロがある方でも、ニキビ跡がある方でも大丈夫ですよ!

産毛にも効果ありのハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は、黒い毛や毛根にアプローチをする従来の脱毛方法とは大きく異なり、“毛の種”と呼ばれる発毛因子にアプローチする方法です。

今生えている毛ではなく、これから生えてくる発毛因子(毛の種)に向かって働きかけるので、うぶ毛のようにメラニン色素が薄い毛でも脱毛することができるんです。

“毛の種”なんて聞くと痛そうなイメージがありますが、そんなことはありませんのでご安心を。

照射温度は約36度となっていますのでほんのりと温かみを感じる程度で、痛みや熱を感じることはありません。

従来のような高熱を使うこともないのでお肌が弱い敏感肌やアトピー肌の方でも施術することが可能!

痛みのないお肌に優しい脱毛方法なんです。

脱毛しながら美肌になれる…!?

ハイパースキン脱毛にはもう一つ嬉しい効果があります。

それは、脱毛をしながら美肌になれること!

実はハイパースキン脱毛器の光にはフォトフェイシャル効果のある光が含まれています。

肌に優しい光を照射することで肌のターンオーバーを促し、シミ・ソバカスの改善はもちろん、自己処理で傷ついた肌や色素沈着なども改善に導いてくれます。

その結果、毛穴が締まり、ハリ・ツヤの美肌になることができるのです!

エステや美容クリニックで行われるのが一般的ですが、ハイパースキン脱毛では脱毛をしながら美肌になることができます。

ムダ毛もなくなって肌も綺麗になるなんて、まさに一石二鳥です!

顔脱毛するならハイパースキン脱毛で!

一般的に脱毛するのが難しいと言われているうぶ毛。

せっかくお金を出して綺麗になるなら、きちんとうぶ毛も処理できて、安心安全に施術を行うことができるハイパースキン脱毛がオススメです。

しかも美肌効果も期待できるので、脱毛が完了した頃には「なんだか綺麗になったね」なんて言われることもあるかも…!

顔脱毛をするなら最新のハイパースキン脱毛で決まり!